産後に仕事をしたい女性必見!どんな仕事がやりやすい?

在宅で仕事をするということ

産後は子どものお世話でなかなか仕事ができないという女性は多いです。特に、二人目、三人目にもなると仕事と家庭の両立のハードルはぐんと上がります。そこで選択肢となってくるのが在宅ワークです。在宅であれば、好きなときに好きなだけ仕事が出来るので、融通が利きますね。バイト感覚の仕事が多いですが、ライターや宛名書きなど、得意なこと を生かして仕事をすることが出来ます。生活費の足しとしてはもちろん、お小遣い稼ぎにもぴったりです。

産後に働く上で気を付けなければならないこと

子どもは生まれて半年ほどはお母さんの免疫を受け継いでいますが、半年を過ぎるととたんに病気にかかり始めます。特に、保育園に行きだしたら、病院通いのような生活が予想されます。そんな中で仕事を続ける場合、やはり職場の理解を得ることが重要です。慣れない初めのうちは、重要な仕事につかない方が良いかもしれません 。育児と仕事の両立で自分がオーバーワークになっていないか、確認し、調整しながら、上手に仕事をしましょう。

3歳を乗り切ると、とたんに楽になります。

小さい頃は保育園で菌をもらってきて、しょっちゅう発熱し、病院に連れていくことになるでしょう。しかし3歳を過ぎると、あれだけ体が弱かった子がとたんに体調を崩さなくなり、急に強くなるというケースが多いです。それまではなにかあったらすぐに抜けられるような仕事についておき、3歳を過ぎたら本腰を入れて仕事をするというのが理想ですね。復職や再就職の時期を悩んでいるという方は、3歳をひとつのラインとして考えると良いですよ。

主婦のパートの人気の仕事として、コンビニやスーパーの商品のレジ打ちや陳列、調理などの短時間勤務のものが挙げられます。