医師のバイトには当直勤務とスポット勤務があります

医師のバイトは稼げるからやる

医師の半数がバイト経験有りという事実を一般の人は知らないでしょう。医師向けの求人情報を確認すると、常勤医よりもバイトの求人の方が報酬額が多く設定されています。緊急性が高い募集ばかりではなく、さほど緊急性が高くないケースであっても医師のバイトは報酬が高いことで知られているのです。年末から年明けの時期となる12月から2月にかけてはスポット医師のバイトは激減します。一部の医師が倒れることはありますが、長期休みを行う医師の代替勤務が少なくなる事情があるからです。

当直バイトは病院側からも依頼が多い

看護師から評判が悪い常勤医の当直勤務は、医師が当直室から出てこないことに原因があります。入院患者の急変時には確かに対応しますが、夜間に駆け込んでくる外来については断る医師が多いからです。当直バイトの医師は、次に呼んでもらえなくなるのでしっかりと仕事をします。看護師からの評判が良くなり、病院へ寄せられる苦情も減るので当直バイト医師を専門に雇う病院が出てきています。患者から見ても夜間に駆け込んで応急処置してもらえたら、近隣住民としては安心出来るでしょう。

健康診断のバイトは厳しい

健康診断を行う際には、医師が大量に必要となります。健康診断を行う際に随行する医師だけではなく、レントゲン診断を行う医師については研修医では心許ないと考える場合、バイト医師が採用されます。ひたすら単純なレントゲン診断を繰り返するので、油断すると再検査とすべき診断を見逃すリスクが伴うでしょう。誤診に対する保険でカバー出来るから良いという問題ではなく、健康診断のバイトでは大量の診断を一気に行う必要があるので、心理的に消耗しやすいので若いうちはあまり手を出さない方が良いとされています。

医師のバイトとは常勤の勤務ではなく時給、日給で勤務することです。時給も良く、最近は専門のバイト医師が増えています。