就職活動は内定前と内定後が非常に重要!気持よく会社に入るためにすること!

内定をもらうためにしたほうが良いこと

大学生の方は卒業が近くなってくると就活をスタートさせなければいけなくなりますが、その就活で内定をもらうためにはしたほうが良いことがいくつもあります。一つは企業の説明会に参加したり、OBやOG訪問をしておくことです。敵を知り己を知れば100戦危うからずという言葉がありますが、敵ではないですが就職したい企業の事をよく知っておくことは大切です。企業がどのような人材を求めているか知らないと、それに合わせた受け答えが面接で出来なくなります。ですので、就活生がまず先にやることは企業研究や企業説明会などに参加していくことです。

内定をもらったら手紙を書く

そして、就活は内定をもらったら終了ではなく、内定後にはお礼の手紙を書くことが一般的なマナーとされています。中には出さない方もいますが、出したほうが自身の印象は良くなりますのでやっておいたほうが無難です。仮に内定を辞退する事になったとしても、印象を良くしておけば後腐れなく相手も了承してくれることもあります。もちろん、内定をもらった後だけでなく、面接が終わった後など色々と企業とコミュニケーションしたり、メールでお礼を言う機会はありますので、そこは忘れずにしておきましょう。

就職する前に大学生は羽目を外し過ぎない

また、内定をもらうと就職先が決まって気持ちが緩んで羽目をはずしてしまう大学生の方も多いですが、後から内定取り消しと言った自体にならないようにすることが大切です。どこかで内定先の企業の人とばったり出会ったりする可能性もあるからです。羽目をはずして飲酒運転をして捕まったりしたら、それだけで内定取り消しは免れない事態になってしまうこともあります。ですので、心構えとして無事に内定が決まったら、大学を卒業して就職するまではおとなしくしておきましょう。

新卒紹介を行う場合は先輩方から見ると同じようなスーツに同じような顔で見分けがつかず、中盤以降は忘れてることも多いと思います。紹介される新卒は、ワンポイント強みを述べると覚えてもらえやすいです。